会社案内

創業の精神

 栃木県に1300年の歴史を誇る古峯神社がある。明治初期、甚三郎は父、啓蔵、母、タケの六人姉弟の三男として古峯の門前で産まれた。
啓蔵とタケは農作物を育てていた。五穀豊穣を祈り、甚三郎は両親と 共 に神社への参拝が日課であった。
ご参拝者様が神社を目指し、何日も山道を歩いて訪れる。
草鞋は破れ、足元は険しい道中を物語っていた。甚三郎は、ご参拝者様に、「澄んだ心でご 参拝を して いただきたい 」と思い 、神社の門前に戸板一枚ほどの場所を借りたのだ。
川の水を汲み、ご参拝者様の足を洗い、新しい草鞋を販売した。これが天狗屋の最初の一歩である。

 1902年(明治 35 年) 古峯 神社より 屋号名「天狗屋」をいただき、石原甚三郎は天狗屋を創業した。甚三郎の息子、亀一郎へと受け継がれ、1959年(昭和 34 年)に㈲天狗屋を 設立。
その後は飲食、小売、菓子の製造等へ事業を展開し、ご参拝者様の心を癒やすお店へと変わるのである。長き道程には多くの苦難がある。苦難の時、古峯神社、ご参拝者様、地域の方々の支えにより、今日のこの日まで 看板を守ることが 出来ている。「ご参拝者様を大切にしなさい」 この言葉は先祖から言われ続けている言葉だ。

「人様の心を清らかにする、人様に感謝をする、人様を大切にする」
この先祖からの創業の精神を礎とし、永遠に天狗屋に受け継がれる。

経営理念

古峯神社と共に、人様を豊かにする。

門前では様々なお客様がご来店くださいます。何代にも渡り信仰継承されているお客様。観光のお客様、悩みをお持ちのお客様。私たちの行動、見え方全てが神社への評価へ繋がります。人様を豊かにする精神があれば、お客様は必ず笑顔を返してくれます。

経営ビジョン

天狗屋が「源」となり、
人様に愛され参拝者様溢れる古峰ヶ原を創る。

私たちは100年以上に渡り、古峯神社と共に歩んで参りました。神社の魅力、古峰ヶ原の魅力を発信し、多くのお客様にこの地に来ていただく。そして、この歴史 の一役を担っているのです。 その伝承者は私たち一人ひとりなのです。

使命・目的

古峯神社の発展、地域社会の発展に寄与する。

全てがあることで、天狗屋がある。神社の発展なくして我が社の発展なし。
地域の発展なくして、我が社の価値なし。

事業領域・門前の心得・社訓

事業領域

神社と地域の橋渡し、地元 観光 発展業

社是・門前の心得

謙虚 誠実 感謝

社訓

一、自分と同じ歳の人様なら、仲の良い親友と思う
一、自分より歳の違う人様なら、愛する姉弟と思う
一、自分の親と同じ歳の人様なら、愛する家族と思う
一、自分より歳の若い人様なら、大切な 後輩と思う
一、働く仲間を家族と思う

理念・社長の心得

人材理念

澄んだ心で、共に志事を成す。

教育理念

日本の文化、伝統を重んじ、感謝に努め、品格ある門前の心を養う。

社長の心得

一、天狗屋の永続と繁栄に殉ずる
一、共に働く仲間の幸せ、その家族の幸せを 創る
一、お客様、取引企業様、地域発展の追求
一、健全 経営
一、常に学び続け、会社の責任は私にある

行事、しきたり

毎月1日15日28日、古峯神社へのご参拝
祝日国旗掲揚
元旦、節分祭、大祭、大晦日、大祓い等、神社
行事への参加
神社と歴史の勉強会
「理念と経営」共に学ぶ会
地域の清掃活動

2019年3月28日
五代目天狗屋 石原照大

お電話のお問い合わせは0289-74-2277
メールからのご注文・お問い合わせは
専用ページからご連絡ください。